三月類がブログするんじゃないかな

ボードゲームのドミニオンについて真面目に適当に語る可能性

Stefドミをより快適に:Chrome拡張機能「King's Courtier」

f:id:sir_martin:20170202162511j:plain
現在Stefドミにはカードの名前を指定する(願いの井戸など)ときサプライに存在しないカードを指定することができない致命的なバグがありますがそれを解決するMODができました。
更新によって公式で指定できるようになりました。
Google Chrome限定です。
[Mod] King's Courtier (Chrome Plugin)

Icehawk78氏が作成した非公式プラグインKing's Courtierを導入すると、ゲーム中に存在するすべてのカードを表示するボタンが新たに現れます。
f:id:sir_martin:20170202163249p:plain
このKINGDOMをクリックすると
f:id:sir_martin:20170202163303p:plain
願いの井戸を使ったとき避難所を選択したい!ってなったらこの画面を開いて選択したいカードをクリックすればOK。
褒賞、廃墟、避難所、騎士、castles、split pile、そして闇市場のカードも表示されます。

えっ、片方だけこの機能使ってたら不公平じゃん。

持続や脇に置かれているカードがあることを教えてくれます(4/30からの新しい機能)

f:id:sir_martin:20170501163516p:plain
右3つのカードの枠みたいなものが持続、リザーブ、その他島、原住民の村、王子、召喚、馬商人など、なにがあるのか色でカードタイプだけわかります。

Repeat Kingdom Buttonが追加されます。

対戦終了後新たに「Repeat Kingdom」というボタンが現れるようになります。それをクリックしてからゲームを始めると前回と同じサプライになります。
…ですが廃墟がサプライに存在するとうまく機能しないようです。

Deck Contents Buttonが追加されます。(4/30からの新しい機能)

f:id:sir_martin:20170501164630p:plain
対戦終了後新たに「Deck Contents」というボタンが現れるようになります。クリックするとチャット欄に自動でデッキ内のカードの内訳を表示します。チャット欄に出るので相手や観戦者も見れます。観戦者もボタンを押せます。(観戦者がこの拡張を導入している必要がある)。そして対戦相手の手札が見れない都合上か相手のデッキの一部がBack(裏面)という名前のカードになってしまいます。

以下、導入方法。

1.上のリンクからスレッドに飛んで一番上の投稿にあるリンクをクリック。(←これでも可)
2.ページ一番上がLatest release、つまり最新版。最新版のchrome_plugin.crxをクリックしてダウンロード。
3.ダウンロード時に「パソコンに悪影響を与える可能性があります。」とか出ると思いますけど無視して続行をクリック。
4.Chrome右上の縦に点が三つ並んだところ(Google Chromeの設定)をクリックして「設定」をクリック。
5.表示された画面左上の「拡張機能」をクリック。
6.3.でダウンロードしたファイルをこの画面までドラッグ&ドロップする。
7.導入完了

有効のチェックボックスを外して無効にすると再び有効にすることができない。セキュリティの問題?無効にしてしまった場合いったん削除してもう一度ファイルを拡張機能の画面にドロップすればまた有効になる。

Chrome Web Storeに普通にありました。
こちらでダウンロードをすることを推奨。

※既にstefドミを開いている場合いったん更新しないと拡張機能が反映されません。

まだまだ開発中らしいです。