三月類がブログするんじゃないかな

ボードゲームのドミニオンについて真面目に適当に語る可能性

全盛期の肉屋伝説(肉屋ステロのすすめ)

http://dominion.diehrstraits.com/scans/guilds/butcher.jpg
・3コスト廃棄5コスト獲得は当たり前、3コスト廃棄属州獲得も
・初手5-2プレイヤーは初手肉屋を頻発
・肉屋にとってのコンボデッキはステロのし損ない
・大使砲にステロで打ち勝つのも日常茶飯
・建て直し場でも余裕で初手肉屋購入
・一回の肉屋プレイでコイントークンが2枚増える
・屋敷廃棄で愚者の黄金獲得が特技
・初手で肉屋を買うだけで相手が泣いて謝った、心臓発作を起こす相手も
・獲得先に納得いかなければ望楼を公開して廃棄してた
・あまりに汎用性の高さから拡張でも下位互換扱い
・その拡張も属州に変える
・屋敷を一睨みしただけで屋敷が銀貨に変換される
・サプライに無いゲームでも2コイントークンを得る
・カードを廃棄せずにコイントークンだけ得たことも
・自分のコイントークンを自分で消費して新しいカードを獲得する
・肉屋で肉屋を獲得なんてザラ、2周することも
・詐欺師で破壊されて廃棄置き場に行くよりプレイヤーが新しい肉屋を買った方が早かった
・対戦相手のヤジに流暢なggで反論しながら属州空廃棄
・グッとガッツポーズしただけで2コイントークンくらい入った
・愚者の黄金と組んでハリケーンが起きたことは有名
湾岸戦争が始まったきっかけは肉屋の植民地空廃棄
・ボーリングの球を楽々コイントークンにしてた
・肉屋の廃棄による衝撃波で体が真っ二つになったプレイヤーがいた
スカイフィッシュの正体はコイントーク
・肉屋が属州獲得と言えば属州獲得に
・空廃棄で全米が泣いた
・流れ星の正体は肉屋で消費されたコイントーク
・実はノドンを一度廃棄してる
・日本ではコイントークを支払う
(全盛期のイチローコピペを改変)

続きを読む

銅貨の巨塔

f:id:sir_martin:20170102211659j:plain
Tower Landmark
効果:得点計算時、あなたの持つ、勝利点カードでない、サプライの山が枯れているカード1枚につき1点。(訳はドミニオンの日々より)

このLandmarkが存在するときもし銅貨がなくなれば高得点が発生するぞ!ということでこの発想は実戦で通用するのか試しました。

続きを読む

始めよう、新ドミニオンオンライン!

Dominion Online(stef氏が作ったので通称stefドミ)

ドナルド・X・ヴァッカリーノ作、ボードゲームの傑作、ドミニオンのオンライン版が2017年1月1日から生まれ変わって登場!

<更新情報>

長くなってきたので別記事に分けました。
Stefドミ更新情報 - 三月類がブログするんじゃないかな

続きを読む

stefドミ、日本語もサポートするかも?

f:id:sir_martin:20161227012459j:plain

ドミニオンオンライン、なんとなくstefドミとかあだ名がつき始めたのでstefドミと私も表現しておきますね。

で、まだ予定の域を出てないのですがなんとstefドミでは日本語対応も考えられているようです!

前々から新規を増やすならオンラインで日本語のカードを使えたらいいなとは思ってましたが本当に朗報です。

ソースはこちらです→Missing Features

stefによると2017年で行う優先事項として2番目にドイツ語と日本語の対応と書かれています。来てますね。

あと注目すべきは5番目に挙げられてるiOSとアンドロイド版の作成でしょうか。2017年中にとは言いますけどしばらくはスマホでできなくなるのかな?

じゃあね。

Q.いくら払えばいいんですか!新ドミニオンオンラインでの課金形式について

http://dominion.diehrstraits.com/scans/basecards/gold.jpghttp://dominion.diehrstraits.com/scans/basecards/silver.jpg

前回の記事で翻訳したメールには拡張セットを購入したプレイヤーは無償のアイテムを得られると書いてありました。

その無償のアイテムと新ドミニオンオンラインの課金形式について詳細がdominion strategy forum にてstefさんから明かされたので翻訳していきたいと思います。
元の記事はこちら


とりあえず大半の人が当てはまるだろうすべての拡張セットを買ったプレイヤーは一年間無償で帝国を除くすべての拡張とプロモが使えるとのことです。

続きを読む

Making funからのメールの内容、および新ドミニオンオンラインの情報について

なんか久しぶりです。
ツイッターも全然触ってないし動画も投稿していないし約半年腐っていたわけですが特に何か起きたわけでもないよ。

最近Making funから英語のメールが届いた方も多いと思いますが内容の要約は「2017年からstefの新しいドミニオンオンラインに移行するけどその際アカウントの個人情報を渡すよ。ダメだったら15日までに連絡して」といったところです。

続きを読む

再建という銀貨

f:id:sir_martin:20160605223252p:plain

Dominion Online Log Prettifier

 Remake Wandering Minstrel Merchant Guild Forge PeddlerHerbalist Pearl Diver Scrying Pool Masterpiece Death Cart
このゲームの最終ターンひとつ前、私は念視の泉デッキを作り24金4購入で購入フェイズにあった。サプライは属州7枚、吟遊詩人4枚、真珠採り1枚、行商人が売り切れた一山切れ。アクション回数に余裕がないため吟遊詩人を買い足したいところだがそうはいかない理由があった。
それは相手の購入回数限界は3回で13コイントークンあり、再建と鍛造を獲得手段として持っているからだ。吟遊詩人を買えば相手に3山切れという選択肢を与えてしまう。点差は6点、相手が属州1枚持っている。点数で負けたまま相手にターンを回す訳にはいかない。今の金量と購入があれば属州3枚買えるため問題ないように見えるが私のデッキは念視の泉で引ききるデッキ、勝利点をデッキに入れれば大幅な弱体化は免れない。
そこで私は考えた。デッキでくすぶっている再建を利用するのだ。私はこのターン属州、屋敷、そして鍛造を2枚購入した。これはデッキ内の勝利点の枚数を最小限に押さえながら役目を終えた再建を活かして次のターンに鍛造を属州に変える動きだ。さらにこれで点数は7点、相手が3山切れに全力を注ぐこともできないだろう。
 

そう、再建とは銀貨なのだ。次のターンもゲームが続くと保証されているならあえて欲しいカードよりコストが1低いものを買うのも選択肢になる。こうすることで少しお金が浮くし今回のように念視の泉でドローしているときは勝利点を買うよりデッキは安定する。一方再建で変換するまでは0点なので相手のターンでゲームが終わらないかよく考えて実行していこう。