読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三月類がブログするんじゃないかな

ボードゲームのドミニオンについて真面目に適当に語る可能性

全順位がわかるリーダーボードが公開

http://dominion.lauxnet.com/leaderboard

Stefドミのリーダーボードはフレンドを含めなければ20位までしか表示されませんでしたが有志による非公式のサイトで全順位が表示されるリーダーボードが公開されました。(ただしURLは1000位までしか表示しない版です。1000位以降をみたい方はURLから飛んだ先にあるfull leaderboard をクリックしてください。)

このサイトはStefドミでは表示されない、レベルの小数点以下も二桁まで表示されます。さながら旧gokoのような4桁のレートのようですね。あの頃のように6000を越えるのがある種の基準だと言えそうです。みんなも6000越えを目指そう❕

また、プレイヤー名をクリックすると、その日に行った対戦の対戦結果、相手の名前、そしてそれらの結果を踏まえた現在のレベルの見積もりが表示されます。見積もりなのでそのとおりになるとは限らないですがおおむね正確です。

追記:リアルタイム更新版も出ました。
http://dominion.lauxnet.com/live_leaderboard/
パフォーマンスの都合上上位100位までのみだそうです

このサイトで皆様のドミニオンライフがより充実しますように!
じゃあね

Stefドミ更新情報

f:id:sir_martin:20170222005218p:plain
もともとはStefドミ紹介記事に書いてましたが長くなってきたので記事を分割することにしました。翻訳は得意ではないし、元の文章だけではよくわからない内容もありますがご容赦ください。

原文のページ:Releases

Version 1.2.4(4月20日)

  • you have a personal blacklist; you can find it next to your friendlist.

ブラックリストを実装した。Friendlistの欄をクリックするとブラックリストも表示される。

  • after a game you can directly add players as friend and/or blacklisted

対戦終了後に直接相手プレイヤーをフレンド、またはブラックリストに入れることができるようにした。

  • "rated games" & "replay" exclude eachother

おそらくLoad old gameで読み込んだゲームはレート制にならないようにした、ということ。しかし見かけではレート戦のようになる

  • 3/4P rated games now show 3/4P ratings in the log (was 2P ratings)

3、4人戦のレートを3、4人戦で表示するようにした(今ま2人戦のレートを表示していた)

  • friend list tab looks nicer

Friend Listの見た目を良くした。フレンド、フォロー、フォロワーの区別を、フレンドはハートで、フォローはハートの左半分だけ、フォロワーはハートの右半分だけで示されている。

  • new sound when it's your time to act

あなたの番であることを示すための効果音を差し替えた。

When you blacklist a person, you will not be automatched with them, they cannot join tables you're hosting and they can't see your online status (even when they befriend you and you allow followers to see your status).
ブラックリストにプレイヤーの名前を入れるとオートマッチでそのプレイヤーに当たらなくなり、そのプレイヤーはあなたが建てた卓に入れず、あなたが今何しているかも見ることができなくなる。(たとえそのプレイヤーがあなたをフォローしたり、あなたがフォロワーに今何をしているか見せるのを許可していたとしても。)

続きを読む

Load old gameとは?

「Load old game」、オンラインドミニオンに項目はあるけど触ったことがないという人は多いと思います。
この機能は基本的にデバック用と言っても差し支えないので知らなくても別に全然いいんですけど、もし「あのゲームでもしこの選択をしていたら…!」とか気になるならこの機能が使えるかもしれません。

続きを読む

『ドミニオン:ギルド』のカードの知られざる歴史

この文章はThe Secret History of the Guilds Cards | Dominion: Guilds | BoardGameGeekを翻訳したものです。
暗黒時代より前の知られざる歴史はI was game様のI was game — 記事一覧をご覧ください。
http://wiki.dominionstrategy.com/images/0/02/Guilds.jpg

続きを読む

 ドミニオンオンラインにおけるレート制について

レーティング制とリーダーボード

バージョン1.2からプレイヤーはglicko-2に基づいたレートが設定されます。

すべてのプレイヤーには0から100までのレベルが割り当てられます。

  • 新規プレイヤーはレベル20から始まります。
  • ゲームに勝つことによってレベルを上げることができます
  • レベルを左右するのは勝敗のみです。(ゲーム中に得た勝利点は関係ありません。降参は負けと同じです)
  • 対戦成績を反映してレベルが上がります。(例:ゲームに勝った後に負けた場合)
  • より高いランクの相手を倒せばさらにレベルが上がるでしょう。

2つのレート制

二人対戦と、3~4人対戦のゲームでレートが分かれています。これは近い将来3~4人対戦用のオートマッチを追加する予定だからです。これらのレート制はお互い完全に独立しています。もしあなたが3人戦で勝利すれば、二人に対して勝ったと数えられます。3人戦で2位の場合、1位に負け、3位に勝ったとして数えられます。

リーダーボードは毎日協定世界時における午前0時に更新される(日本時間午前9時)

その日プレイしなかったプレイヤーは自分のレベルが少し下がるのを見るでしょう。もしあなたがレートのかかわるゲームをしていなければリーダーボード上に表示されません。リーダーボードにはあなた、あなたの友人、上位20位のプレイヤーが表示されます。

もしあなたがオートマッチを使わず独自でCreate a tableでプレイする場合はレート制にするかどうか選ぶことができます。Botを含んだゲーム、5人以上のプレイヤーからなるゲーム、familiar cardsを尊重するゲームでは常にレート制にはなりません。

リーダーボードのためにダミーのアカウントを作り勝ち続けることは可能ですが、もしあなたのアカウントの寿命に関心があるならお勧めしません。

オートマッチ

Find a game

Find a gameでレート制のゲームを始めることができます。そのゲームはfamiliar cardsを尊重していません。

  • “Equal opponent(同等の相手)”は自分とレベルが最大(およそ)15レベルまで異なるプレイヤーを意味します。
  • “Any opponent(誰でも)”は自分とレベルが最大60レベルまで異なるプレイヤーを意味します。
  • “Wait for expansions(拡張セットを待つ)”は少なくとも半分の拡張セットを購入しているプレイヤーのみと対戦します。

Find a practice game(練習試合を探す)はレート制ではないゲームが始まります。両プレイヤーのfamiliar cardsが尊重されます。Familiar cardが自分のものと比べて非常に制限している人とはマッチングすることはありません。

“respecting your familiar card settings(あなたのfamiliar cardを尊重する)”では、王国カードがよく知っているカードだけではなく、数枚のよく知らないカード(設定変更可能。デフォルトは2)で生成されます。あなたはfamiliar cardsのタブでよく知っているカードかどうかを選択できます。Optionsで最大unfamiliar cardsの使用枚数を設定できます。

『ドミニオン:暗黒時代』のカードの知られざる歴史

この文章はThe Secret History of Dark Ages | Dominion: Dark Ages | BoardGameGeekを翻訳したものです。
暗黒時代より前の知られざる歴史はI was game様のI was game — 記事一覧をご覧ください。


http://wiki.dominionstrategy.com/images/d/dd/Dark_Ages.jpg

続きを読む

支配による自己破産戦略と千日手

f:id:sir_martin:20170313181436p:plain
帝国で負債トークンの登場に合わせ、支配はルール変更されて「支配中に獲得したトークンはすべて支配している側のものになる」ようになりました。これは従来の「支配中に獲得したトークンは被支配者が得る」では負債トークンによるロックをかけることができることを懸念してだと思われます。
でも正直それを踏まえても元のルールのままでよくね?って今は思います。

続きを読む