三月類がブログするんじゃないかな

ボードゲームのドミニオンについて真面目に適当に語る可能性

ドミニオン:Renaissance Previews 2日目 ~Villager~


Renaissance Previews 1日目はこちら
原文は
forum.dominionstrategy.com


Villagers(村人トークン)はCoffers*1のアクション版だ。この説明で単純に伝わると思っているがどうかな。+1Villagerは君のCoffers/VillagersマットのVilagers側にトークンをくわえることを意味する。アクションフェイズ中そのトークンを取り除く代わりに+1アクションを得られるんだ。+1アクションを残すことができるようになったわけだね。実際のトークンはコインだが、複雑に考えないでくれ、二つの役割を与えているんだ。今から話すけどそいつはトークンが1種類で済むのは素晴らしいことなんだ。まあとにかく、Villagersだ。
f:id:sir_martin:20180925210542p:plain
Acting Troupeは単刀直入に言えば4村人トークンを得て、消滅する。村の価値を貶めることはない。村系のカードがこれしかなかったらどのようなデッキが作れる可能性があるのだろうか?いつものように君たちの発想に期待しよう。

Sculptorは珍獣だ、手札に直接入ってくる工房だ。気を付けてくれ、もしアクションカードを獲得したときは必ずしもそのターンに使うことはできない…だが待ってくれ、それまでにSculptorを使用した際村人トークンを手に入れたかもしれない。こいつは用意周到なんだ。

Recruiterは大量に村人トークンを与えてくれるんだ。だが大概にしておいたほうがいい、村人トークンによる巨大な山を築く必要なんてないのだから。

昨日のプレビューを見落としていた人がいるかもしれないから、ここでもこれらのカードがドミニオンオンラインで触ることができることを伝えておくよ。昨日のプレビューを既に見ていたなら、今私は君の時間を無駄にしただけだね。

カード効果詳細

Acting Troupe(劇団)

f:id:sir_martin:20180925212831p:plain
コスト3 アクション
+4村人トーク
これを廃棄する

Sculptor(彫刻家)

f:id:sir_martin:20180925212845p:plain
コスト5 アクション
コスト4以下のカードを獲得し手札に加える(画像では手札に加えることは書いていないがこれは翻訳ミス)
それが財宝の場合、+1村人トーク

Recruiter(スカウト)

f:id:sir_martin:20180925212901p:plain
コスト5 アクション
+2カードを引く
手札にあるカードを1枚廃棄する。そのコスト1につき+1村人トーク

雑感

ついに出ましたアクションをためるトークン。しかし素直に集めさせてくれないのが憎いところ。一見コンボを強化する要素にも見えますがステロで事故防止にも使えるので一概に言えません。
3単語のカードも出ました。他のカードも難しいことは書いていないし素直ですね。(運用が簡単とは言っていない)
Recruiterはトークン関係の文章を無視すれば実質仮面舞踏会。この効果だけでも強いぞ。

ルール上はアクションフェイズ中でカードの効果がすべて解決しているときであれば村人トークンはいつでも消費できます。(支配をする/されるとき、王冠を使いたいときに影響を受ける)
ドミニオンオンラインでは現在の所アクションフェイズ中に真ん中の村人トークン数を示すアイコンをクリックすることで1つずつ消費できます。また、アクションフェイズ中に王冠を使ったときも村人トークンを使用するか聞いてくるようです。(ちなみにこれは万全ではない、例えば手札にアクションがないときはアクションフェイズがスキップされるため王冠のために村人トークンを使うタイミングがなくなる)

*1:コイントークンのこと。プレビュー1日目の雑感を参照のこと

Stefドミ更新情報

f:id:sir_martin:20170222005218p:plain
もともとはStefドミ紹介記事に書いてましたが長くなってきたので記事を分割することにしました。翻訳は得意ではないし、元の文章だけではよくわからない内容もありますがご容赦ください。

原文のページ:Releases

Version 1.4.0 (別名 previews-1)(9月24日)

Previews:

  • This week we're doing previews of the latest expansion, Dominion:Renaissance. We will add some additional cards every day. The previews are free to play for everyone; you can't buy Renaissance yet. The full set will be available in the store simultaneous with the release of the physical card game, currently expected mid October.

今週は最新の拡張セットRenaissanceのプレビューがある。毎日新たなカードが加えられる。このプレビューではRenaissanceを買っていなくてもすべてのプレイヤーが自由に遊べる。お店で全カードが使えるようになるのは紙製の製品が発売されてからだ、現在10月中旬だとされている。

  • The easiest way is to go the matching tab and press the "Renaissance Previews" button for a 2 player preview game against a random human opponent. If you want to play against Lord Rat, choose the "Preview vs. Bot" button (down in the "Bot game" pane).

不特定の対戦相手とプレビューされたカードを使用するゲームをするなら「ルネサンスプレビュー(訳注:現在は「闇夜、プレビュー」になっている模様)」ボタンを押すことが最も簡単なマッチングだ。Botと対戦したい場合は「Preview vs. Bot」をクリックすればよい。

  • more options: Select the "Advanced options" checkbox at the lower end of the "Automatch" pane. Now in addition to all the usual options you can check the "Renaissance Previews" checkbox to be placed in the preview queue. This way you can for example wait for a 3-player game to form, or use your preferred rating requirements.

追加機能:オートマッチの一番下にあるチェックボックス「詳細設定」選択時、通常の選択肢に加えて「ルネサンスプレビュー」のチェックボックスがプレビュー週間の間置かれている。この方法を使えば例えば3人戦や順位戦でもRenaissanceのカードを使用できる。

Game updates: This is a summary. For a full description, click here.
これは概要だ。詳しくはこちら(英語のページ)をクリックしてくれ

  • Bigger status bar (center of screen) with Coffers mat and debt shown

画面中央のステータスバーにCoffersマットと負債を表示

  • Player info bar (with a player's name and VP count) shows reminders (states, Haunted Woods effect,...) and omits counters that currently are zero.

プレイヤー情報バー(名前と得点が書いてある黒い四角の欄)に状態や呪いの森のアタックを受けていることを表示している、また、その時点で0のカウンターは省略している。

  • The log will now always show variable amount of +Actions, +Buys, +Coins (for example +Coins from Steward or Bank, and +Buys from Squire). There also is an option that allows you to log all +Actions, +Buys and +Coins. If you're an experienced player you probably want to turn it off.

ログで変化する+アクション、+カードを購入、+コインの量を表示するようになった。(例:執事、銀行、従者など)。オプションですべての+アクション、+カードを購入、+コインの増加を表記することもできるが慣れたプレイヤーは消したいと思うだろう。

  • Right-clicking a card now will also show you cards that are associated with it, like the Prizes for Tournament or Exorcist for a Ghost.

右クリックでそのカードに関連付けられているカード(例:馬上槍試合の褒賞、祈祷師の精霊など)も表示するようになった。

  • Durations that go away this turn do not 'mix' in a stack with Durations that stay in play.

前のターンに使った持続とこのターンに使った持続が場で混ざらないようになった。

  • It's now possible to find out what cards are under your Archives, Crypts etc (hover over the card or a player name).

保管庫や地下室の効果で脇に置かれたカードを確認できるようになった。(プレイヤー情報バーにマウスオーバーすると表示される)

  • The Autoplay Treasure button is improved.

財宝のオートプレイが改良された。

    • Autoplaying Silvers (with Sauna) implies you don't want to trash. (If you do, play your Silvers manually).

(サウナが場にあるときに)オートプレイされた銀貨は廃棄するかどうか聞かなくなった。(もし廃棄をしたければ手動で1枚ずつ銀貨を場に出す)

    • It will no longer play Treasures that have your +Card token on them (from Pathfinding)

+1カードを引くトークンが載った財宝はオートプレイで勝手に使われることは無くなった。

    • undoing this action no longer requires your opponent's approval.

やり直すを押したときに相手からの承諾を必要としなくなった。

  • Certain card selections from many cards (say discard pile or trash) now stack the same cards together, so it is easier to find the one you want.

多くのカードから特定のカードを探すとき(捨て札や廃棄置き場)同じカードは積み重なるようになったため、探すのが簡単になった。

続きを読む

ドミニオン:Renaissance Previews 1日目

原文のページはここ
forum.dominionstrategy.com


ドミニオン、それは君が達成しようとしていることだ。ルネサンス期の到来だ!

Renaissanceには4つのテーマがある。Villagers、Coffers、Artifacts、Projectsだ。我々はこれから残り4日間で見ていくことになるだろう。しかし実際はこの拡張セットの王国カードの半分はこれらのテーマに沿うものじゃない。そして今日、それらの一部がここにある。前回と同じくプレビューされたカードはドミニオンオンラインで遊べるようになっている。今日はバラエティに富んだ5枚のカードを紹介しよう。それらを既に目を通したと思うが、この段落ではそうじゃないふりをしなきゃならない。さあ、これを見てくれ。
f:id:sir_martin:20180924162156p:plain

Mountain Villageは山札からカードを引く代わりに捨て札にあるカード1枚を手札に戻す。それができなければ従来通りカードを引くから君が悲しむ状況はない。こいつにはちょっとした芸がいくつかある。一つは君の手札にあるMountain Villageは捨て札置き場にあるMountain Villageをすべて回収できるんだ。


Priestは圧縮カードで、さらに圧縮に対して報酬を与えてくれる。Priestを使用すれば2コイン得て、銅貨を廃棄する。2枚目のPriestを使用して2コインを得る、銅貨を廃棄する、そして最初のPriestがボーナスとしてさらに2コイン与えてくれるんだ。3枚目のPriestを使用する、銀貨を廃棄する(もう君の銅貨は尽きてしまったんだ)、最初と2番目のPriestが2コインずつ与えてくれる。様子を見てみようか?彼らに捧げる品物を十分に準備してね。


Seerはコストが2~4の間のカードを引いてくる。これらは最高のカードではないが悪いものでもないだろう。それら3枚とも手札に加えることもできる。


Scholarはデッキを回す。こいつは単純化をしたことを示すイメージキャラクターだ。この拡張セットが今までのセットよりは単純であるよう努力した証なんだ。


Experimentは使い捨ての研究所だが一度に2枚得ることができる。


繰り返すが、ドミニオンオンラインではこれらのカードを試すことができる(これをプレビュー期間過ぎた後も読んでいるなら別だが)。それができるようになりそうなやつをクリックしてみてくれ、きっとできるだろう。

カード効果詳細

Mountain Village(山村)

f:id:sir_martin:20180924171025p:plain
コスト4 アクション
+2アクション
捨て札をすべて見て、その中の1枚を手札に加える。
手札に加えられない場合、+1カードを引く。

Priest(司祭)

f:id:sir_martin:20180924171046p:plain
コスト4 アクション
+2コイン
手札1枚を廃棄する。
その後、このターン、カード1枚を廃棄するとき、+2コイン

Seer(易者)

f:id:sir_martin:20180924171037p:plain
コスト5 アクション
+1カードを引く
+1アクション
山札の上から3枚を公開する。その中のコストが2から4のカードを手札に加える。残りを好きな順番で山札に戻す。

Scholar(学者)

f:id:sir_martin:20180924171031p:plain
コスト5 アクション
手札を捨てる
+7カードを引く

Experiment(実験)

f:id:sir_martin:20180924171041p:plain
コスト3 アクション
+2カードを引く
+1アクション
これをサプライに戻す
-
これを獲得するとき、追加で実験1枚を獲得する(その実験は追加の実験を獲得させない)。

雑感

早速ティザーで言及されていた4単語のカードが出てきました。今回の拡張セットは単純化に努めたそうですがいかほどでしょうかね?
最初のほうで言及された4つのテーマのうちVillagersはおそらくアクションをためておくためのトークンの名前でしょう。Coffersはコイントークンの事です、海外で発売されているギルドの2版ではコイントークンを得る効果を+1Coffersに言い換えられています。
http://wiki.dominionstrategy.com/images/b/b9/Baker.jpg

ではまた明日

Dominion:Renaissanceの先行情報!


Donald X氏による新拡張発売前恒例のティザー(事前に情報を小出しして盛り上げること)が発表されました。
今回は帝国以前と同じくカードの断片的な情報が並べる形式のようです。早速一つずつ見ていきましょう。

  • 25 kingdom cards, 25 sideways cards, 12 wooden cubes, 6 playmats, and 35 tokens

25種の王国カード、25枚の横向きのカード、12個の木製キューブ、6枚のプレイマット、35枚のトーク


25種類の王国カードがあると言うことは25×11=275枚、それに加えて横向きのカードが25枚で合わせて300枚。Renaissanceは300枚のカードからなる拡張セットですのでこれですべてのカードを使用しているということになります。つまり勝利点カードが存在しない。デイム・ジョセフィーヌみたいなのがなければ。

25枚の横向きのカードは今までイベント、ランドマーク、Boons、Hexes、Stateといったものがありましたがこれらのうちのどれかなのか、それともRenaissanceの新要素であるProject、Artifacts関係のカードなのか、全くの不明です。先ほど述べたように勝利点のない拡張セットなのでランドマークがあるのかなとか思ったり。StateもNocturneで少し出ただけなので何か色々する余地はありそう。

12個の木製キューブはもっと未知の存在です。12個ということは一人2個ずつ当たるようになっているのか、それとも勝利点関係で勝利点カードの枚数に倣って12個なのか、色々考えられますね。
6枚のプレイマットは今まで何度もあった一人1枚ずつわたるマットで間違いないでしょう。問題は何を載せるかですが、おそらくはトークン類だと思われます。コイントークンにもマットが必要みたいなことを昔Donald X氏が言っていたような、うろ覚えですが。とにかく島や原住民の村のようにカードを置くためのマットではないと思います。

Renaissanceではコイントークンとアクション使用権を貯めておける新種のトークンの2種類が存在することが公開されています。35枚のトークンはその2種類なのでしょう。ギルドのときはコイントークンが25枚ほど入っていましたので新種のトークンは10枚ということに、あれ?少なくない?つまり新種のトークンは結構貯めづらいようにデザインされているか、コイントークンがギルドより減らされているのかもしれません。

  • three Treasures, two Attacks, two Duration cards, and one Reaction

3種の財宝、2種のアタック、2種の持続、1種のリアクション


第一印象はアタック少な!財宝多っ!アタック2種類しかない拡張は錬金術とギルドだけです。それらは小さい拡張だったので違和感はなかったですが今回の拡張は陰謀や海辺と同じサイズ、Renaissanceだけでやるとスムーズに拡大再生産を許してくれるのか、それとも横向きカードや木製キューブが悪さをするのか。財宝3種は今調べてみると異郷、冒険、帝国と同じ枚数なので多めではあるけど特別おかしいことではないみたいです。繁栄9種、Nocturne8種がおかしいんや。
持続とリアクションについてはいつもと同じ感じですね。特に語ることはありません。

  • fifteen uses for tokens

トークン関係のカードが15種類


ここで注意したいのは15種類というのはおそらく王国カードとは限らないと思います。横向きカードにも当然トークンを参照するカードはあるでしょう。

  • sixteen uses of "trash"

「廃棄」関係のカードが16種類


上記と同じく王国カードとは限りませんし、「廃棄」と強調されている辺り廃棄する/される効果を持つとも限らないのかも。Necromancerみたいな参照仕方もあるかもしれないし、廃棄時効果の話かもしれません。

  • a card with a word in quotation marks on it

引用符がついたカード1種


つまり、特定のカード名/行動/トークンなどを参照するカードということでしょうか?

  • a card with only 3 words on it; a card with only 4 words on it

効果文が3単語からなるカード、4単語からなるカード1種ずつ


とても短い効果をもつカードのようです。Gain a Silver.とか?

  • three ways to play Actions in your Buy phase

購入フェイズにアクションカードを使用する3つの方法。


冠…じゃないですね。悪さできそうなのが現状語り部とLeprechaunくらいしか思いつかない。

  • a way to take a turn after the game would otherwise be over

ゲームが終了した後に追加ターンを得る方法。


後手不利を軽減できそう。先手も追加ターンを得られるなら結局意味ないけど。

  • a trasher you can't turn off

止めることができない圧縮手段。


王子再建みたいな?それほど極端じゃなくても圧縮しきったところに仮面舞踏会撃たれる辛さを味わされるのは嫌です。

  • something that cares about shuffling

シャッフルを参照するもの


シャッフルするたびに2コインとか?引ききりじゃないと弱いですね。持続(-アタック)でプレイヤーがシャッフルすると何か起きるとか。あとsomethingなのでカードの効果ではなく木製キューブの事の可能性もある?

Joshua Stewart氏ー?

さて、Nocturneで公式が公開するより前にConclaveとExorcistのカードの絵を公開していたJoshua Stewart氏のサイトを見ると、おや、またRio Grande Reogrande Gamesに提供した絵があるようですね

swashbuckler(剣士)

cathedral(大聖堂)

この画像がドミニオンに使われるのかどうかは…想像に任せます。

新拡張「dominion:Renaissance」

f:id:sir_martin:20180805230154j:plain
日本時間午前6時ほど、RGGからドミニオンの新しい拡張セット「Renaissance」が発表されました
riograndegames.com
以下、翻訳


It's a momentous time. Art has been revolutionized by the invention of "perspective," and also of "funding." A picture used to be worth a dozen or so words; these new ones are more like a hundred. Oil paintings have gotten so realistic that you've hired an artist to do a portrait of you each morning, so you can make sure your hair is good. Busts have gotten better too; no more stopping at the shoulders, they go all the way to the ground. Science and medicine have advanced; there's no more superstition, now they know the perfect number of leeches to apply for each ailment. You have a clock accurate to within an hour, and a calendar accurate to within a week. Your physician heals himself, and your barber cuts his own hair. This is truly a golden age.

ついにこの時が来た。芸術は「遠近法」と「資金調達」の発明によって革命を起こした。かつて絵は十数ほどの言葉くらい価値があった。これから新しく作られるものには百以上の言葉を内包するようになる。毎朝君の肖像画を描くアーティストを一人雇えば、髪型がきまっているか確かめられるほどに油絵はより写実的となった。胸像の発展も目覚ましい、もはや肩までの範囲にとどまることなく、ついに地面まで続くようになった。科学と薬学も進歩した、迷信がもう増えることはない、いかなる病に対しても適切な数のヒルを施せるようになった。
誤差1時間以内の時計も手に入ったし、誤差1週間以内のカレンダーもある。かかりつけの医者は自分自身を治すし、行きつけの理容師は自分自身で散髪をする。これこそ本当の黄金時代だ。


This is the 12th expansion to Dominion. It has 300 cards, with 25 new Kingdom cards. There are tokens that let you save coins and actions for later, Projects that grant abilities, and Artifacts to fight over.
これはドミニオン12番目の拡張セットです。300枚のカード、25種類の新しい王国カードが含まれます。コインとアクション使用権を取っておけるトークン、能力を与えるProjects、争奪戦となるArtifactsが含まれています。

新拡張に対するDonald Xのコメント

Donald X:We're expecting it to be out in early October; previews probably the last week of September.
ドナルド「10月上旬の発売を予定している。プレビューは9月の最終週になるだろう。」
Dominion: Renaissance on RGG's websiteより

8月8日追記
(Nocturneの時と同じように新カードのプレビューと同時にオンラインで遊べるようになるかについての質問に対して)
Donald X:The plan is that, as with Nocturne, each day of previews you can play with the newly previewed cards plus the previously previewed cards, and then just all of them over the weekend after the previews.
ドナルド「Nocturneと同様に行う計画はある、毎日のプレビューで公開されたカードとそれ以前に公開されたカードで遊ぶことがプレビューが始まった週の週末までできる。

雑感

今年はドミニオン10周年なので拡張の一つは出すだろうとは思っていましたがついに発表されましたね。Renaissance(ルネサンス)とはまた現代に一歩近づいた感。
今の所分かっている情報は300枚のカードに対して王国カードは25種類、つまり王国カードだけで25×11+2n(勝利点のような12枚からなる王国カードの想定)=275+2~4枚ほどでまだ300には20枚以上余りがあるわけです。これが新要素であるProjectsとArtifactsに関わってくるのか、もしくはサプライ外のカードなのか?今からワクワクしてきませんか?
コイントークンが復活するとのことでこれはつまり「ギルド」の第二版と言ったところでしょうか。過払いも復活するんですかね?いろいろやる余地がありそうなシステムなので再利用しないのは惜しいな、と思っています。
新たにアクションのためのトークンとありますが、これはギルドの知られざる歴史でもチラッと触れられています。没カード集で囲郭村がそういった発想で生まれたが既にコイントークンがあったのでトークンとして作られなかったという説明があります。…今回もコイントークンがあるのですがいいんですかね?

いずれにせよまだまだ広がるドミニオンには期待をせずにいられません。

『ドミニオン:冒険』のカードの知られざる歴史

この文章はThe Secret History of Dominion: Adventures | Dominion: Adventures | BoardGameGeekを翻訳したものです。
ギルドは『ドミニオン:ギルド』のカードの知られざる歴史 - 三月類がブログするんじゃないかなを、暗黒時代は『ドミニオン:暗黒時代』のカードの知られざる歴史 - 三月類がブログするんじゃないかな、暗黒時代より前の知られざる歴史はI was game様のI was game — 記事一覧をご覧ください。
http://wiki.dominionstrategy.com/images/d/da/Adventures.jpg

続きを読む

ドミニオン第二版追加カードとテキスト変更について

http://wiki.dominionstrategy.com/images/2/21/Dominion2.jpg
ドミニオン第二版日本語版が発売されました!
基本セットなのでこれから始めるという方も増えてくるのではないでしょうか?
そこでです、今回は特に第二版で追加されたカードに焦点をあて解説していきたいと思います。
初版の時点であったカードは過去にさんざん話しつくされているのでここ(nk377氏のサイト)とか参考になるんじゃないかな。

続きを読む